風が強かったので…

2012年02月07日(火) | 保育

先週のことですが、とても風が強かったのでみんなで手ぬぐい持って散歩へ出かけました。
なぜ手ぬぐい??
telacoyaから一番近い海一望ポイントで海の荒れ具合を見に行きながら、風向きを確かめに行ったのです。
時折吹く突風にキャーキャー言いながら手ぬぐいをパタパタしていると、風が回っているのがよく分かります。
海から吹き上がっていたと思ったら、今度は海に向かって手ぬぐいが流れています。
海からの吹き上がりの突風のタイミングで「それ〜!」と手ぬぐいを飛ばして遊びました。
うまく行くとビックリするような早さで飛んで行きます!それを追いかけて捕まえて〜と遊んでいると風が回り、思わぬ所に手ぬぐいが!山の斜面の中腹の木に引っかかってしまいました。わぉ!子どもたちは固唾を飲んで大人の救出劇を見守ります。下りれる所まで斜面を下り、落ちていた竹の棒を使って手ぬぐい救出作戦は成功!よかったね〜。
手ぬぐいはしっぽになり、電車になり、これ一本で楽しみいっぱいでした。

そして、翌日。
あんな大風の翌日はやっぱりこれですよね。
ワカメ拾いに出かけました。
早起きのおじいちゃんおばあちゃんが拾っているはずだから無いかな〜?
まずは識別から。これはワカメ、これは違います。ほら、ここがこうなっているね〜とみんなで話しを聞いて、触ってみてからLet’s Go!
寒さに挫けそうだったけど、大浜から長者の端から端まで歩きました。
久しぶりに海のお陽さまの下でおにぎりを食べて、前日の手ぬぐい遊び「手ぬぐいしっぽ取り」をするとあんなに寒かったのに暑くてみんな脱いじゃいました!

おうちえんに戻り、ワカメを洗ってさっと茹でて色が変わるのを見てから味見!春の味です。
残りは干して「ラーメンの日」にワカメラーメンを作る事にしました!

Powered by WordPress, WP Theme designed by sabitori works, original theme by WSC Project. ログイン